Skip to content

原則としては、銀行のカードローンを検討する際にはまず、そこに口座


原則としては、銀行のカードローンを検討する際にはまず、そこに口座が無くてはいけません。
しかしその中には、口座が無くても利用できると宣伝している銀行もあります。そこでは無人契約機があって、それを使ってキャッシング用にカードが発行できます。契約機で発行したカードを利用すればATMが利用できるので、口座を持っている前提でカードローンが利用できる銀行を探さなくていいのです。必要な時に、時間や曜日に制限なくお金を借りられるのがキャッシングの強みです。消費者金融はサービス業としての側面が強いので、カレンダー通りに動くわけではありません。
年末年始は休むところも多いですが、ほとんどの業者は、年中無休の9時から21時の営業時間になっています。当たり前のことですが、業者が開いていれば契約の申請ができるので、たとえキャッシングをしたい日が日曜日であっても、時間帯によっては、その日のうちに融資してもらえるでしょう。
もし、金融機関からお金を借りる場合、キャッシングとカードローンのどちらを選べばよいのでしょうか。
どのように使い分けたらいいのか区別できず、混乱している人もいるでしょう。
どのような違いがあるかと言うと、小口融資を受けるのがキャッシングですが、基本的に数十万円から数百万円程度の大口融資をする際に使われて、返済方法が分割払いのサービスが一般的にカードローンと言われます。
審査については、借入限度額の低いキャッシングの方が緩いことが多く、カードローンはどうしても審査が厳しくなるので、キャッシングが利用できてもカードローンは使えないという人もいます。連帯保証人になってほしいなんて言われたことがある方もいるのではないでしょうか。連帯保証人は債務者の責任をすべて負うものですから、生半可な覚悟なら連帯保証人になることは回避した方が良いでしょう。実際のところ、連帯保証人になったはいいものの、主債務者が返済義務を放棄したせいで家族の幸せや将来設計が台無しになったという人も多いです。
主債務者と同等の返済義務を負う連帯保証人の責任は、非常に重いのです。
キャッシングに申し込む時は一人でできますが、返済金を貸してくれとお願いされることもあるかもしれませんし、キャッシングを頻繁に使う人とはあまり関わらない方がよいでしょう。
早急にお金を用意しなければならない時に便利なのがキャッシングですが、それ以外にも分割払いで高額商品を購入した時に、月々のローンを支払う時にも便利なのがキャッシングです。
下調べをしておいて、一定期間金利ゼロの特典が付いたキャッシング業者に申し込めば、さらにお得です。
一般的に、金利ゼロになるキャンペーンは一回しか使えないことが多いものの、以前のキャッシングが全額返済され、なおかつ時間が経っている場合には、改めて適応対象となるケースがあります。
既にキャッシング業者と契約していて他の業者に申し込んでも、これまでの債務状況から審査で落とされる可能性があります。
借入が増えるほど審査を通過しにくくなります。総量規制があるので、年収の3分の1以上の借入ができないことも無関係ではありませんが、契約した業者が多ければ多いほど、返済能力が欠けるとみられるようです。
消費者金融から現金を借りたいと思う場合、いくらまで借りることが可能なのか?と疑問に感じてしまう人も大多数ではないでしょうか。
可能な限り多く貸してほしいと思うかもしれませんが、法律があることにより年間収入の1/3までしか借り入れすることができません。

コメントを残す