Skip to content

金銭が準備できなくても、支払いを引き延ば


金銭が準備できなくても、支払いを引き延ばし、放っておくのは無いよう努めましょう。支払いに遅れるとすぐに信用情報に記録されて、それが長期にわたってしまうと、俗に言うブラックだと処理されることになります。ブラックだと判断されれば、今現在の借入金の一括返金を要求されるのに加えて、ローン契約が一切結べなくなります。
消費者金融や銀行と契約し、融資を受けることをキャッシングといいます。
なお、キャッシング枠の付帯したクレジットカードでクレジット会社から借入を行う場合もキャッシングと呼ばれます。このように、多数の金融機関がキャッシングサービスを行っていますが、中でも信託会社や消費者金融が提供するキャッシングは「ノンバンク系」とまとめられ、銀行系のサービスとはカテゴリーを分ける場合が多いです。なぜかというと、銀行で契約を結んだ場合と、ノンバンク系のキャッシングサービスでは、定められた法律が異なるのです。
どういうことかと言うと、銀行には銀行法が適用され、ノンバンクは貸金業法によって定められているのです。キャッシングの利息は借りた金額によって違ってくるのがメジャーなパターンです。借り入れ金額が少しだと高金利になりますし、多い場合は金利は低くなります。なので、いくつかから少し借りるより、一つのところからまとめて借入れた方が損になりません。キャッシングでお金を借りる前に、キャッシング業者をそれぞれ比べてみることで、選ぶのは慎重に行いましょう。
金利が一番重要なことですが、返済の手段や返済が遅れた時の遅延損害金なども要確認です。近ごろは、初めて利用する人に限り、一定期間は金利がないところもあるので、融資を受ける前にしっかりと確認するとよいでしょう。いっぺんに返済可能な少額のキャッシングなら、利息を払わなくてもよい期間をもうけている金融業者を選択するのがいいでしょう。無利息期間内に一度に返済すれば利息が全然かかりませんから大変お得です。
まとめてご返済しない場合でも利息なしの期間を設けている金融業者の方がお得にお借入できることが多いですから、よく比べてみてください。遠回しでなく言えば、借入は無収入の夫に養ってもらっている人でも可能です。
例えを出すならば、無収入で、パートナーの同意が得られない場合であっても、借入総額の制限のターゲット外であるお金の貸与や預金を行う金融機関のカードローンであれば、配偶者には内緒でお金を借りることが可能です。
キャッシングでは、リボ払いにすると便利ですが、リスクのある返済方法でもあります。
そのリスクは、毎月返済するお金に利子が多くかかってしまうことです。一括返済なら利子は一ヶ月分だけしかかかりませんが、リボ払いは毎月利子が増えていきます。
そうはいっても、リボ払いは、毎月支払うべき金額が少ないので、負担のかからない返済方法です。

コメントを残す