Skip to content

時々、思いもかけない臨時収入があって、返済資金に余裕


時々、思いもかけない臨時収入があって、返済資金に余裕が出る時があります。
キャッシングの返済は返済日でない日にも支払うことができます。
これは「繰り上げ返済」と呼ばれる返済方法で、利息は日割りで割り出されています。早く返済できれば、それだけ元金の金額を減らすことができるので、その後の返済の負担を減らすことができるでしょう。
ボーナス月や金銭的ゆとりが出た場合は、積極的に繰り上げ返済を活用すれば、返済額の総額が少なくできるはずです。学生生活といっても、学業以外のさまざまなイベントで急にお金が必要になる時があります。
そのような場合に便利なのがキャッシングですが、もし、いま20歳を過ぎていてバイトなどの収入があるという人は金融機関のキャッシングサービスでお金を借りることができます。
なお、学生ローンの中には未成年(18歳以上)でも融資をしてくれるところがあり、金利が低いのもポイントです。意外と盲点なのが、クレジットカードです。キャッシング枠を利用することで貸付金を融資してもらうことができます。
しかし、どの方法を採るにしても、アルバイトなどで定期収入を得ていなければ借りられないことは覚えておいてください。
「審査なしで高額融資可能」というような学生向けのキャッシングサービスがあれば、間違いなく闇金融や違法業者です。ATMでもキャッシングでお金の借り入れができます。
買い物のついでに申し込みや借り入れが可能となっているので大変利用しやすくなっています。キャッシングが使いやす過ぎて、お金を貸してもらっている意識が薄れてしまうかもしれません。しかし、うまく使えば突然お金が必要になってしまっても、無理なく生活することが可能になるでしょう。
消費者金融や銀行と契約し、融資を受けることをキャッシングといいます。
あるいは、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って、クレジット会社から現金を貸し付てもらうこともキャッシングと呼ばれます。
このように、多数の金融機関がキャッシングサービスを行っていますが、中でも信託会社や消費者金融が提供するキャッシングは「ノンバンク系」とまとめられ、銀行のものとは分けて考える場合も多いです。どちらもお金を貸してくれるのだから区別する必要はないのではと思う方もいるかもしれませんが、銀行での借入とノンバンク系のキャッシングサービスでは、定められた法律が異なるのです。どういうことかと言うと、銀行には銀行法が、ノンバンクの場合は貸金業法が該当します。お金を返す目途が立たず、たとえ1回でも債務整理をしてしまうと例外はあるものの、カードローンは全てご利用できなくなります。
なぜなら、債務整理手続きをしたと信用情報に記載されているためで、他のローン契約も記録が残っているうちは全てできません。
最低5年が信用情報の保存期間なので、再びカードローンや貸付契約をするには、必要な日数が過ぎ行くのを待つしかないのです。
契約時の借入限度額にはまだ達していないはずなのに、ATMでお金を下ろそうとするとどういう訳か借入不可の状態になっていて、お金を引き出せなかったという話を聞いたことがあります。
どうやら、キャッシング業者がそのカードの利用停止措置を取った場合にこのような状態になるようです。
主な理由としては、その他の金融機関と契約し、多重債務と見なされた場合は、利用を止められる可能性が高いです。
もはや、キャッシングはできませんから、手持ちのカードは返済専用として使うしかありません。現金が必要な時にとても便利なキャッシングですが、誰でも無条件でキャッシングでお金を借りられるわけではありません。
まず、審査にパスしなければなりませんが、場合によっては通過できない人も多いです。
その理由としては、返済能力を超えたとみなされる、高額融資の希望や、他のキャッシングやローンを延滞した経験があるケースが挙げられます。滞納の場合は、その記録が全ての金融機関が確認できる信用情報機関に最長10年は残されるため、こちらが理由として考えられるケースではしばらくはお金を借りられないと思います。

コメントを残す