Skip to content

金融機関の提供するキャッシングサービスに申し込む場合に


金融機関の提供するキャッシングサービスに申し込む場合にはいくつかの書類が必要になります。
まずは本人確認書類を用意しましょう。一般的には、免許証を準備すれば十分ですが、運転しない人の場合、パスポートや健康保険証でも大丈夫です。
二つ目が、収入証明書類です。例えば、会社から発行してもらう源泉徴収票や給与明細、市町村から発行される所得明細書といったものを用意しておきましょう。よく本人かどうか確認するために暗証番号が用いられます。カードローンの申し込みにあたっても設定することがありますが、第三者に教えてしまったり、忘れることがないようにメモをしてください。
もし、自分以外の人に知られてしまったら、誰かにカードを持ち出され、勝手にキャッシングをされてしまうかもしれません。もし、暗証番号が不明な時は、本人確認ができる書類を店頭、契約機まで持って行くと、新たな暗証番号設定を行うことができます。
たとえ学生であっても、キャッシングでお金を借りることができます。
とはいえ、未成年だったりアルバイトなどをしていなければ、キャッシングの審査で落ちてしまいます。
返済能力の有無がキャッシングサービスでは最重要視されるためです。
とはいえ、アルバイトしていないのにもかかわらず、キャッシングの申込で嘘のバイト先を記入する学生もいます。学生向けのキャッシングの場合、電話でバイト先まで在籍確認する業者は稀ですし、公的な収入証明書もいらないため、虚偽の内容でも審査が通過しやすいためです。しかし、いくら嘘をついてキャッシングの利用が可能になっても、返済金が工面できる予定もないのにキャッシングすると、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。キャッシングは、使う方法によってはすごく便利なものになります。
一方で、キャッシングを行うためには、クレジット会社などの審査を受ける必要があります。
この審査で不可だった人は、過去3か月間以上、返済できずにいてクレジットカードが強制的に解約したことがある、いわば、ブラックリストに書かれてしまった人なのです。
本人とは異なる名義でカードローンの契約を結ぶことは禁じられています。契約は自分自身の名義で締結しなくてはならないとされています。
契約をするのが夫の所得で支払いを賄おうとしている専業主婦である場合であっても変わりなく、その主婦本人が名義人となって契約を行わなくてはならないとされています。本人の責任においてローンの支払いをしなくてはなりません。
仮に生計を一にする家族である場合にも、他の人の名前を用いて契約を結んだ場合には罪に問われることになります。もし、承諾していた場合には、名義を貸す行為も違法行為とされてしまいます。キャッシングというと、どのような取扱業者を思い浮かべますか?キャッシングは系列企業の銀行が親会社になって取り扱っている商品と消費者金融があります。銀行が提携している銀行系のサービスについては、借入限度額が年収の3分の1という法律の規制がないので、無収入の主婦であっても借入することが可能です。業者の数が多く、さまざまな条件に対応しているのが消費者金融で、借りられる期間は短いものの、無利息のサービスを提供しているところもあり、短期の利用には最適です。
怪我や冠婚葬祭などの急な出費に見舞われた場合に、キャッシングは頼りになる存在です。
今では、即日融資に対応した業者が増えていますし、30分キャッシングという超短時間で融資を受けられるサービスもあるのです。しかし、スピードだけに注目するのではなく、返済方法や金利についても他社と比較しておきましょう。早まって申し込んだばかりに余計な返済費用がかかるかもしれません。その場のつなぎ資金だとしても、きちんと時間をかけて業者を選ぶことが大切です。

コメントを残す