Skip to content

ご存知のように、本人確認できる書類を準備するだけでキャ


ご存知のように、本人確認できる書類を準備するだけでキャッシングの申込手続きを済ませることができます。ですが、希望借入金額が高額の方、あるいは自営業者やフリーランスで働いているなど、給与所得者でないケースでは、あらかじめ年収を公的に証明できる書類を用意しておきましょう。申請者が会社員の場合は勤務先から源泉徴収票をもらっておくと、間違いありません。給与所得者でない場合は、課税証明書や確定申告書を準備しておきましょう。
年金受給者でもキャッシングでお金を借りることができるのでしょうか?実のところ、年金受給者でも申込OKなところとNGのところがあります。
年金受給者であってもキャッシングを利用できるのはうれしいですよね。しかし、注意してほしいのは、利用可能なサービスでも、年齢制限が設けられているということです。何歳までならキャッシングが可能かというと、キャッシング業者によって違うので、一概には言えませんが、低いところでは60歳で借入できなくなりますし、もっとも利用可能年齢が高い業者でも、70歳までに設定されているようです。
お金を返す目途が立たず、たった一度だったとしても、債務整理をした場合、一部の例外を除いて貸付契約が完全にできなくなります。
その理由は、債務整理を行った事実が信用情報機関に保存されているためで、信用情報にこの情報がある間はその他の貸付契約も全部ご利用できません。この信用情報の保管は少なくても5年間ですから、もう一度、カードローンなどの契約を行うためには、その期日が来るのを待つしかないのです。今の時代、期間限定で利息ゼロの特典を付けているキャッシング業者が増えています。
しかし、業者によって、実際に利用できるかどうか分かりませんので、前もって確認しましょう。
中でも、いつから無利息期間になるのかは忘れがちですから、きちんとチェックしてください。しかし、返済手数料がかかるサービスであれば、たとえ無利息であっても、結果的には損してしまうかもしれません。最近では、もはや当然のことかもしれませんが、街頭に無人契約機が置かれ、簡単にキャッシングの契約ができるのは先進的なことでした。
無人契約機がなかった頃には、店頭の窓口で申し込むのが普通でした。
今日のキャッシングは、外出する必要もなくなりました。
身近なもので言えば、スマートフォンを使って金融機関公式のアプリをダウンロードするとすぐに申し込みもできますし、返済計画を立てられるのでとても便利です。
最近よく見かけるキャッシングの一定期間利息無料のキャンペーンですが、このキャンペーンと新規公開株(IPO)を結びつけて運用すると、何倍もの利益を生み出せるかもしれません。
キャンペーン中の借入金で希望のIPOに申し込みをし、当たれば儲かりますし、もし外れてしまっても、戻ってきた資金を返済費用にすればいいので、金銭的な負担は無いでしょう。しかし、これはあくまでIPO取引に限った話です。他の投資資金として借入金を利用するのはやめましょう。以前、グレーゾーン金利という言葉が話題になったことを覚えている方もいるのではないでしょうか。
2010年の法改正以前に消費者金融から高金利の借入を行っていた方は、利息を払い過ぎていて、過払い金が発生しているかもしれません。
かつて消費者金融の一部の業者は、罰則がないという理由で違法な高金利でお金を貸していました。この時に払い過ぎた利息のことを過払い金と呼びます。
元本の額によっても少し変わりますが、年利が20パーセントを超えていた場合は、過払い状態になっています。
これは弁護士に頼んだり、ご自身で請求すれば返還されますが、完済してから10年以上経っているという場合は時効になりますので、心当たりがあるという場合は急いで確認してみましょう。

コメントを残す