Skip to content

キャッシングとはクレジットカード会社や銀行


キャッシングとはクレジットカード会社や銀行、消費者金融といったところから融資をしてもらうことです。
担保はいらないですし、お金を返す方法もたくさんの種類があって利用しやすいので、利用する人は増えてきています。用途を問わずに借りることができますので、突然お金が必要になった時にはよいでしょう。法改正により、新たな貸金業法が2010年6月に完全施行されました。そのため、それ以前に高金利でキャッシングしていたという人は、利息を払い過ぎていて、過払い金が発生しているかもしれません。
法改正以前のキャッシング業者には、制限利率を超えた貸付を行っていた業者があります。そこでのキャッシングの返済時に支払った、違法な金利分を過払い金と呼びます。10万円以下の借入の場合、20パーセント以上の金利で借りていた人は間違いなく過払い金が発生しているでしょう。
これは弁護士に頼んだり、ご自身で請求すればお金が戻ってくるかもしれません。
しかし、請求できる期間は完済後10年となっていますから、該当する可能性のある人は急いで確認してみましょう。運転免許証さえあれば、キャッシングの利用手続きを行えますが、一定額以上の希望限度額を提示した場合や、事業主などのケースでは、収入証明書が必要になるので、準備しておいてください。
収入証明書というと分かりにくいですが、給与所得者ならば会社から配布される源泉徴収票を用意しましょう。
個人事業主やフリーランスの方は、受付印のある確定申告書や課税証明書などの書類が必要になるので、あらかじめ用意をしておきましょう。
キャッシングが短期の小口融資というものであるのに対し、カードローンだと長期の大口の融資であるところが違います。そのため、キャッシングは基本的には翌月一括での返済ですが、カードローンの方は長期のリボ払いで返済となります。ですので、金利は一般的にカードローンの方が高くついてしまいます。
もしかすると、知らない人もいるかもしれませんが、無人契約機と銀行のATMは別のものです。
無人契約機といっても、審査や手続きを行うのは業者の対応オペレーターです。備え付けられたカメラで顔や行動は逐一チェックされていますし、問われた質問にも正確に答えなければなりません。
時々、無人契約機は窓口に比べて審査が甘いと考える人もいますが、全くそんなことはありませんし、虚偽の申請は厳禁です。急ぎであったとしても、カードローンを申し込む前にまず、入念に比較検討した方がよいでしょう。
カードローンは銀行とか消費者金融で利用することができますが、銀行の金利の方が低いというのが一般的です。とはいえ、その一方、審査通過のしやすさは、消費者金融の半分といわれています。
それに加え、消費者金融だと、問題がなければ、短時間で借り入れ可能なので、どちらも良い点、悪い点があると言えます。最近人気なのがネットに対応したキャッシングです。
何と言っても、借り入れが簡単で近くのコンビニや銀行から返済もできてしまう便利さがインターネットキャッシングがキャッシングの主流になっている大きな理由です。
基本的にネットの中で完結できるので、誰かに知られることなくお金を借りられるのも、人によっては大きなメリットとなります。
家族が利用明細書を受け取ってしまい、そこからキャッシングがバレるという話がよくありますが、ネットキャッシングの明細は基本的にネット上で確認するので、利用明細書を自宅に送られるケースはまずありえません。普段お使いの銀行のネットバンキングと組み合わせて利用すれば、借り入れの確認や手間が省けて便利です。

コメントを残す